【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online海外企業を買う

タイ・ユニオン・グループ ツナ缶の世界最大手

人気商品のツナ缶海外ブランド Bloomberg
人気商品のツナ缶海外ブランド Bloomberg

タイ・ユニオン・グループ ツナ缶の世界最大手=児玉万里子/348

 ◆Thai Union Group

 タイの大手企業のひとつ、タイ・ユニオン・グループは、ツナ缶(マグロ油漬け缶)の世界最大手メーカーである。水産会社としての売上高は、日本のマルハニチロ、日本水産に次ぐ世界第3位の地位をノルウェーのモウイと競っている。

 タイは世界最大のツナ缶生産国だ。ツナ缶の製造と輸出のために、タイ・ユニオン・マニュファクチャリングが設立されたのは1977年。次いで、同じグループとして、88年に冷凍水産物の製造・輸出のためにタイ・ユニオン・フローズン・プロダクツが設立された。この会社が2015年に社名をタイ・ユニオン・グループ(以下、タイ・ユニオン)に変更し、現在に至っている。

 水産加工食品は、缶詰、冷蔵、冷凍のいずれかの形で提供されることが多い。タイ・ユニオンの第一の事業分野は、すぐに食べられる缶詰や冷蔵である。ツナ(マグロ)、イワシ、サバ、サケ、ニシンなどの缶詰が中心だ。スーパーやディスカウントストアなどの小売店へ卸される。この分野の売上高が総売り上げの半分弱を占める。

 缶詰売り上げの半分以上が、販売価格が高いブランド缶詰である。海外ブランドとしては、「チキン・オブ・ザ・シー」(米)、「キングオスカー」(米)、「ジョン・ウエスト」(英)、「プチ・ナヴィール」(仏)などがある。タイの国内ブランドとしては「シーレクト」などで、いずれもそれぞれの地域で高いシェアを有している。

 タイ・ユニオンの第二の事業分野は冷凍で、中心はエビ。ほかにロブスター(大型エビ)、イカ、サーモンなども扱っている。レストランやホテル向けに料理の素材として提供される。この分野の売上高が、全体の4割弱を占めている。

 そして、第三の分野はペットフードやその他の高付加価値製品(すり身のスナック、レンジ用食品など)である。この分野…

残り2082文字(全文2882文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事