【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online海外企業を買う

サウジアラムコ 世界経済回復追い風、国営石油大手

アラムコの国内天然ガス工場
アラムコの国内天然ガス工場

サウジアラムコ 世界経済回復追い風、国営石油大手=小田切尚登/349 

 ◆Saudi Aramco

 サウジアラムコ(アラムコ)は、サウジアラビアの国営石油会社である。サウジは原油の埋蔵量でベネズエラに次いで世界第2位、生産高では米国に次いで第2位の石油大国である。圧倒的な埋蔵量のため産油コストは低く、原油の質も高い。OPEC(石油輸出国機構)を中心とする世界の産油国の中でリーダー的存在となっている。その実務を請け負うアラムコは世界のエネルギー情勢を左右する存在である。

 アラムコの内情は長年ベールに包まれていたが、2019年12月にサウジ証券取引所(タダウル)に上場し、各種データが公表されることで、その姿が世界に知られることとなった。海外の年金基金やファンドなどから資金を集めるために米国など海外市場での上場も模索され、東証での上場計画も一時報道された。価格や情報開示で折り合いがつかず、海外での上場は実現していない。上場したのは全体の同社株式の2%弱にとどまった。株主の大半がサウジ国内の投資家であり、残りの98%はサウジ政府が保有している。

 流通する株式数はごく一部に過ぎないが、時価総額は21年3月31日時点で2兆ドル(218兆円)弱で、米アップルについで世界第2位であった(プライスウォーターハウスクーパース調査)。

 21年に入りムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、アラムコの株式の1%…

残り2280文字(全文2880文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事