【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online海外企業を買う

エスエム・エンタテインメント 韓国最大手芸能プロ、K-POP人気後押し

韓国の現代音楽(KーPOP)の流行を支える男性グループBTS Bloomberg
韓国の現代音楽(KーPOP)の流行を支える男性グループBTS Bloomberg

エスエム・エンタテインメント 韓国最大手芸能プロ、K-POP人気後押し=宮川淳子/350 

 ◆SM Entertainment

 エスエム・エンタテインメント(エスエム)は韓国最大手の芸能プロダクションで、音楽・イベント制作を手掛けている。1995年にミュージシャンのイ・スマンが設立し、日本でも知名度が高い東方神起やBoAなどを含め歌手、俳優、モデル、スポーツ選手など300人以上が所属している。2000年に韓国の新興企業向け証券取引所(KOSDAQ)に株式上場し、金融市場でも知名度が高まった。コロナ禍の影響で足元の業績は悪化しているが、株式市場に上場している芸能プロダクションとして20年以上の長い実績があり、国内外の企業との資本提携などを通じて今後も成長が期待できる銘柄である。

 エスエムの20年度(1~12月)の売上高は5798億ウォン(約521億円)で、前年比11・8%減少した 。売上高の85%が音楽制作と所属アーティストのマネジメント、コンサートや映画ドラマ制作などのエンターテインメント事業、残りの15%がSNSやアプリを使った広告メディア事業である。売上高の大部分を占めるエンターテインメント事業は、コロナ禍で観客を入れてのコンサートが開催できなかったことが収益の大幅な減少につながった。売上高減少に伴い営業利益は前年比84%減少し、収益構造の柔軟性の低さが目立つ。

日本の利益寄与減…

残り2299文字(全文2899文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事