【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online海外企業を買う

ペンスキー・オートモーティブ・グループ 元レーサー80代が手腕、米自動車販売

米ニューヨークのスバル中古車販売店 Bloomberg
米ニューヨークのスバル中古車販売店 Bloomberg

ペンスキー・オートモーティブ・グループ 元レーサー80代が手腕、米自動車販売=岩田太郎/351

 ◆Penske Automotive Group

 ペンスキー・オートモーティブ・グループ(ペンスキー)は、売上高が全米2位の新車・中古車販売チェーンだ。販売を主力とし、整備や部品の販売、運送業者および一般向けのトラックレンタル、自動車ローンや保険など自動車に関わるビジネスを展開している。

 1960年代初頭に伝説の米国人レーサーであったロジャー・ペンスキー氏が創業した。売り上げ規模で全米上位500社のフォーチュン500に入っている。

 ペンスキーは、新型コロナウイルスの流行を発端に発生した車両の供給不足で業績が大幅に伸びた「コロナ銘柄」だ。在宅勤務が世界的に広がり、パソコン向けなどの半導体需要が急増し、その結果、自動車向けの半導体部品の供給が不足となり、自動車生産が減少し、自動車不足に陥った。これを受けて、米国では新車・中古車価格が上昇し、台数当たりの販売利益率も向上した。低金利環境も購入意欲を高めたほか、巣ごもり需要でネット通販が増え運送業からのトラック需要も堅調、好調な事業環境が続いている。

 ペンスキーの新車・中古車販売は2020年12月期の収益の8割超を占める主力事業だ。売上高の内訳は新車が45%、中古車が36%、整備および部品が11%、ローンおよび保険は3%。売り上げ総利益では新車が…

残り2333文字(全文2933文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事