国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル GDP上昇も、好転せぬ国民生活=美代賢志

    ワクチン接種で回復の兆しは見えてくるのか 筆者撮影
    ワクチン接種で回復の兆しは見えてくるのか 筆者撮影

     ブラジルで、2021年のGDP成長率が5%を超えるという予想が優勢になってきた。7月26日に中央銀行から発表された、金融機関を対象にした週間経済動向調査では、予想の平均が5・29%に達した。また、民間研究機関の消費者信頼感指数は、7月に前月比1・3ポイント上昇の82・2ポイントとなり、同指数が下降し始めた20年9月時の水準まで回復している。

     ただし、消費者の景況感は「生活は非常に厳しいがワクチン接種が進めば良くなる」と、コロナ疲れを反映したような内容だ。実際、政府機関が計測する2〜4月の3カ月間の失業率は14・7%で、過去最悪の状況が続く。農産物や鉄鉱石など1次産品の輸出国であるブラジルは、輸出品の相場高騰に引きずられる形で国内価格も高騰。政府の公式インフレ指数は、6月までの12カ月の累積が8・35%と年初の2倍近くになっている。

    残り149文字(全文520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事