国際・政治ワールドウオッチ

デルタ株が猛威を振るう中、伝統ハーブへの需要が急拡大=増田篤

    タイ政府が新型コロナの継承者に効果があると宣伝する伝統ハーブ
    タイ政府が新型コロナの継承者に効果があると宣伝する伝統ハーブ

    タイ ワクチン騒動とハーブブーム=増田篤

     タイは現在、デルタ株の猛威による第3波で新型コロナの新規感染者数が8月4日に初めて2万人の大台に乗り、政府への不信感が一気に高まっている。最大の理由はワクチン調達の失敗だ。

     タイで接種が進んでいるのは中国のシノバック製と英アストラゼネカ製だが、実は両方ともタイではいわく付きだ。シノバックの子会社にはタイの最大財閥CPグループが出資。またアストラゼネカ製ワクチンの東南アジア生産拠点に選ばれ…

    残り325文字(全文541文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事