国際・政治ワールドウオッチ

カモメが餓死寸前…豪州の再ロックダウンでシドニーはゴーストタウンに=守屋太郎

    シドニーの目抜き通りは人影すら見えない 筆者撮影
    シドニーの目抜き通りは人影すら見えない 筆者撮影

    豪州 シドニーがゴーストタウン化=守屋太郎

     真冬を迎えたシドニーは6月末、新型コロナ感染が再拡大、約1年ぶりに大規模な都市封鎖に突入した。州政府は7月、休業命令を店内飲食から必需品以外の小売業や建設業などに拡大。運動で外出できる範囲も10キロ以内に、必需品の買い物も1世帯当たり1人1日1回に制限している。

     7月下旬、南北約1・5キロの中心街を歩いた。高層住宅が多い南部では時折、人や自転車とすれ違うが、北側のオフィス街は無人だ。湾に面した北端の地区も人影はなく、海鳥の鳴き声だけが響く。持ち帰りのみ営業しているマクドナルドでハンバーガーを買い、外で食べようとした瞬間、急降下してきたカモメに強奪された。普段は残飯で生活している鳥が、人が消えた街で腹を空かせている。

    残り201文字(全文534文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事