国際・政治ワールドウオッチ

「オレンジ1個でもOK」独で小口配送サービスが人気=柿添紘光

    自転車で商品を届ける配送スタッフ 筆者撮影
    自転車で商品を届ける配送スタッフ 筆者撮影

    ドイツ 小口配送サービスが人気=柿添紘光

     ドイツでは、コロナ禍で食料品のデリバリーサービスが急速に普及した。中でも最近の話題になっているのが、スナック類、ドリンク1本、オレンジ1個といった小口商品のデリバリーサービスだ。

     もともと当地では、アパレル製品や家電製品を中心に通信販売の利用率が高かった。そこに、都市封鎖(ロックダウン)の対策として、多くのレストランがデリバリーサービスを導入したことがきっかけで、今では…

    残り311文字(全文518文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事