テクノロジー独眼経眼

快走IT関連財の足を引っ張る自動車大幅減産の深刻度=藤代宏一

鉱工業生産を下押しする自動車産業=藤代宏一

 経済産業省が発表した7月の鉱工業生産指数は、前月比マイナス1・5%と、2カ月ぶりの減産であった。過去数カ月、一進一退を繰り返してきたが、生産の水準はパンデミック発生前をおおむね回復しており、大きく見れば製造業の底堅さを示す結果となった。もっとも、内訳は明暗が分かれており、特に自動車の不振は懸念される。先行きは自動車の回復が鍵を握っていると言える。

 先行きの生産を読むうえで有用な生産予測調査によれば、全体の生産は8月が前月比プラス3・4%、9月はプラス1・0%と2カ月連続の増産計画であった。この調査結果を基に経産省が独自に試算した8月の生産予測値はプラス0・1%であり、仮にこの通りとなれば、横ばいか微増での推移が続くことになる。

 ただし、調査が8月上旬に実施されたことには注意が必要だ。自動車大手各社は、世界的な半導体不足や東南アジア地域におけるパーツ工場の操業停止といったサプライチェーンの目詰まりにより、9月の大規模減産を決定している。調査時点でその影響がどこまで反映されているか不明だ。

 生産予測調査によれば、輸送用機械の生産計画は8月にマイナス7・3%の大幅減産となった後、9月はプラス3・1%の増産となっているが、9月の計画は下方修正される可能性がある。自動車が足を引っ張ることで、全体が下押しされる懸念がある。

電子は7カ月連続増産も

 自動車の苦戦をよそに快走するのは、IT関連財だ。電子部品・デバイス工業の生産は前月比プラス0・9%、3カ月平均ではプラス1・5%と7カ月連続の増産であった。5G(第5世代移動通信システム)、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)といったテーマの下で集積回路(IC)、固定コンデンサー、電子回路基…

残り333文字(全文1083文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事