テクノロジーAI図解 日本の未来

第37回 遠隔手術領域の進出、川崎重工に期待=ゼノデータ・ラボ

     米国インテュイティブ・サージカルの遠隔手術支援ロボット「ダヴィンチ」が2000年に登場して以来、遠隔手術の存在は広く知られるようになった。そして19年、ダヴィンチの主要特許の多くが期限切れしたことをきっかけに、国内企業の遠隔手術領域への新規参入が増えている。

     今回は「遠隔手術の普及」によってどのような需要が生まれるのか、AI(人工知能)を使った経済予測システム「ゼノブレイン」を使って分析した。予測結果は、(1)遠隔手術用ロボットの製造や支援システムの開発に関する需要の増加と、(2)遠隔医療の基礎技術や関連技術の需要増加──の二つに大別できる(図)。

     (1)については、「遠隔手術ロボット本体」のほか、3Dモデルを用いて患部とその周囲がどのようになっているのかを立体的に描出してリアルタイムに表示し、状況に応じて適切な手術を行えるようにサポートする「手術ナビゲーションシステム」の需要増加がある。

    残り640文字(全文1041文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事