週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

65年前のマンションは初任給の230倍

    1962年の同潤会青山アパート。2003年に取り壊され、跡地は表参道ヒルズとなった 池田信さん撮影
    1962年の同潤会青山アパート。2003年に取り壊され、跡地は表参道ヒルズとなった 池田信さん撮影

    65年前マンションは高根の花=長嶋修/110

     これから数回に分けてマンションの歴史を振り返り、今後の課題や未来予測などを提案したい。

     日本最初期の近代的共同住宅として知られるのが「同潤会(どうじゅんかい)アパート」(1926年以降)。木造住宅が主流だった当時、関東大震災(23年)による全壊・全焼した家屋などは計約30万棟超にも上った。多くの人々が住まいを失うことになり、国が「財団法人同潤会」を設立。耐震・耐火性に優れた鉄筋コンクリート(RC)造りの集合住宅の供給を始めた。これが国内で近代的集合住宅が普及するきっかけになったといわれる。

     一方、民間が分譲するマンションの先駆けといわれるのが56年に完成した「四谷コーポラス」(戸数28戸。売り主は日本信用販売=現日本信販)。分譲価格は3LDKで230万円だった。当時の大卒の初任給は1万円程度だから、超破格の高額物件だ。住宅ローンはなく、現金もしくは割賦販売(分割払い)という形式だった。著名人や医師、大学教授などが多く入居した。

    残り957文字(全文1399文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事