教養・歴史著者に聞く

『ジョブ型雇用社会とは何か』 著者 濱口桂一郎さん

 ◆著者 濱口桂一郎さん(労働法政策研究者)

雇用システムを転換するのは生やさしいものではない

 昨年来、日本特有の「メンバーシップ型」雇用から「ジョブ型」に転換すべきと盛んに論じられている。二つの言葉の“生みの親”である濱口さんが、にわかに沸き起こったジョブ型論のおかしさに業を煮やし、筆をとった。

「今のままでいいわけではありません。でも、雇用システムは複雑怪奇に絡み合っていますから、本当に転換しようとすれば何もかもガラリと変わることになり、生やさしいものではない。提唱する人たちにその覚悟はあるのでしょうか」

 日本では、雇用契約に仕事の中身が定められておらず、社員(メンバー)は異動でさまざまな職務を割り振られる。終身雇用や年功序列といった仕組みもそこから生じた。他の国々ではまず職務(ジョブ)を定め、それをこなせる人を採用する。

残り954文字(全文1320文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事