教養・歴史書評

中世史家の「京語り」 四季の花々に託す愛憎=今谷明

     日本人と「花」といえば、門松から始まり、4月の花見、5月の菖蒲(しょうぶ)など、年中行事はたいてい花とセットで表現される。欧州発祥のトランプになぞらえて言うなら、日本は花札ということになるが、これまた四季12カ月を花で表象し、しかもそれが賭博の材料にされることもあるのだから、日本人の花への愛着は格別なものがある。

     桜花の下で人々が連歌会(れんがえ)を催す「花の下連歌」は鎌倉時代ごろに始まったらしいが、豊臣秀吉の「醍醐(だいご)の花見」を持ち出すまでもなく、桜の下で宴を催すのは中世に始まるらしい。『万葉集』では桜花が称揚されてはいないからである。

    残り663文字(全文939文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事