教養・歴史書評

「毛沢東主義」の混乱と惨劇を今、知るべき理由=加藤徹

歴史書の棚 吹き荒れた「毛沢東主義」 世界中の混乱と惨劇描く

 程映虹著、劉燕子編訳『マオイズム(毛沢東主義)革命 二〇世紀の中国と世界』(集広舎、4950円)は、戦後の冷戦期、中国共産党が世界に「革命」を輸出した結果、世界各地で起きた混乱と惨劇を克明に描く。

「毛沢東が押し進めた国内革命も『共産主義を実現する』と呼号した世界革命も、人類文明に対する破壊以外の何ものでもなかった」と断言する著者は1959年生まれで、毛沢東時代の中国で育ち、現在は米国の大学で歴史学の教授を務める。

 1956年、ソ連のフルシチョフは突然、スターリン批判を行い、西側との平和共存路線に転向した。毛沢東は、ソ連をひきょうな修正主義者と非難した。世界革命の実現のためには暴力や社会秩序の徹底的破壊も辞さないマオイズムの嵐が、中国の国内外で吹き荒れるようになった。

残り567文字(全文935文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事