国際・政治ワールドウオッチ

活況の台湾半導体産業で深刻な人材不足、少子化と給与の低さが原因=井上雄介

    給与面の厚遇など、早急な改善が求められている Bloomberg
    給与面の厚遇など、早急な改善が求められている Bloomberg

    台湾 半導体産業で人材不足深刻=井上雄介

     世界的な半導体不足の中、活況に沸く台湾半導体産業。政府系の工業技術研究院によると、今年の年間総生産額が、前年比18・1%増えて3兆8000万台湾ドル(約15兆円)を突破する見通しだ。しかし、技術者を中心とした人材不足が深刻化しており、「もはや国難」との指摘すらある。

     台湾の人材サービス会社「104人力銀行」のリポートによれば、台湾半導体製造各社の求人数は今年4~6月、月平均で2万7701人と前年同期比で44・4%も増加。半導体デザインおよび生産とパッケージプロセスの技術者が特に足りない。背景には、少子化などによる理工系学生の減少がある。博士の不足は特に深刻で、台湾中央通信社によると、最大手の台湾積体電路製造(TSMC)1社だけでも2030年には250~300…

    残り186文字(全文540文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事