国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 生活困窮で万引き増加=冷泉彰彦

    ドラッグストアでは万引き被害が相次ぐ…… Bloomberg
    ドラッグストアでは万引き被害が相次ぐ…… Bloomberg

     ニューヨーク(NY)の万引き犯罪の増加が顕著だ。NY市警によると、9月12日の時点で、2021年の万引き犯罪報告数は2万6385件で、過去最悪だった前年と比べ32%の増加となっている。

     被害の多くはドラッグストアの生活必需品に集中。特に、洗濯洗剤や乳児用の紙おむつなどが狙われている。被害を受け、ドラッグストアでは万引き対策として、これらを高価な香水などと同様に施錠したショーケースに格納するようになった。

     洗剤や紙おむつといった商品が狙われる背景には、インフレ現象もあるとみられる。米国ではコロナ禍で失業による所得の減少に加え、追い打ちをかけるような物価高に苦しむ家庭が多い。そういった事情を抱える犯人が値上がりする生活必需品を手に入れるため、自らの行為を正当化してしまうといったことが起きている。

    残り160文字(全文511文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事