【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

ドイツ地方鉄道の顧客引き止め策、定期券でローカル線乗り放題=柿添紘光

路線の運営企業の多くは定期券の売り上げが集英の柱だ 筆者撮影
路線の運営企業の多くは定期券の売り上げが集英の柱だ 筆者撮影

ドイツ 定期券でローカル線乗り放題=柿添紘光

 定期券の保有者を対象にドイツ中の鉄道ローカル線とバスが最大2週間乗り放題となるチケットが9月、無償で提供された。いつもの定期券で遠くまで足を延ばすことができる気軽さとお得感で利用者からの評判は上々だったという。

 ドイツでは、昨年来のロックダウン(都市封鎖)の影響で、ほぼ全てのオフィスがリモートワークを導入。強制措置は段階的に撤廃されたが、出社する社員の数を制限するなど独自…

残り317文字(全文527文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事