国際・政治ワールドウオッチ

NYなど米北東部で西ナイル熱の流行の兆し、感染者は前年の約3倍=冷泉彰彦

    殺虫剤が散布された(ニューヨークのセントラルパーク) Bloomberg
    殺虫剤が散布された(ニューヨークのセントラルパーク) Bloomberg

    ニューヨーク 西ナイル熱流行に警戒=冷泉彰彦

     ニューヨークを中心とした米北東部で、西ナイル熱の流行が懸念されている。西ナイル熱は北米では夏から秋にかけて流行し、主には蚊を介して人に感染する。ここ数年は沈静化していたが、ニューヨーク市内では今年、10月下旬時点で前年比の約3倍となる20人の感染が確認された。

     西ナイル熱は感染しても約8割が無症状で、軽症であれば1週間程度で回復する。一方、西ナイル脳炎を併発した場合、重篤化の恐れがある感染症だ。

    残り297文字(全文519文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事