国際・政治ワールドウオッチ

ドイツ ワクチン証明にアプリ活用=中村容子

    屋内席の利用を2G(接種完了者と回復者)のみとするレストラン。入り口には「Luca」アプリ登録用のQRコードが掲示されている 筆者撮影
    屋内席の利用を2G(接種完了者と回復者)のみとするレストラン。入り口には「Luca」アプリ登録用のQRコードが掲示されている 筆者撮影

     ドイツでは新型コロナウイルス禍からの経済活動の再開にあたり、デジタルワクチン証明や入退店記録機能のあるスマートフォン用のアプリが利用されている。主なアプリは連邦政府公式の「Corona-Warn-App」と、民間事業者が開発した「Luca」だ。いずれも、当初はコロナ感染者との接触を通知するアプリとして利用開始され、その後ワクチン証明などの機能が追加された。

     ドイツではドイツ語の頭文字を取って、「2G」や「3G」と呼ばれるワクチン接種完了者、コロナ感染からの回復者、陰性証明所持者を対象に、一部の行動制限を解除する「2Gルール」「3Gルール」を導入しており、ルール運用のためのツールとしてアプリが活用されている。

    残り197文字(全文505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事