教養・歴史書評

フェイクニュース現象 科学的研究データで分析=荻上チキ

    ×月×日

     フェイクニュースに関する本を書くため、関連論文をまとめる作業をしている。僕が『ウェブ炎上』という本を書いた2007年は、SNS(交流サイト)上での炎上や流言についての量的データはまだ乏しかったこともあって、理論とケーススタディーの紹介が主だったが、今や数多くの研究によって、さまざまなデータが取られてきた。そんな研究群の中から、この論文は紹介しよう、この研究は扱った方がいいなと、参考論文リストを整理しているのだ。

     ひとしきり作業が終わった後、そうだせっかくなので類書を読もうと思い、『フェイクニュースを科学する』の文庫版(笹原和俊著、DOJIN文庫、990円)を入手した。実はこの本、単行本版を発売まもなく購入していたのだが、ドタバタしていたのか積ん読のまま未読に。それが今回文庫化され、コロナ禍でのフェイクニュースについても加筆されているとのことで、購入し直し読了。うへえ、と舌を巻いてしまった。

    残り992文字(全文1397文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事