マーケット・金融THE MARKET

穀物 年末に向け上値うかがう=柴田明夫

 穀物相場は底堅い展開が続いている。シカゴ穀物市場では、10月以降も大豆が1ブッシェル=12ドル台、トウモロコシが同5ドル台を維持。7年ぶりの高値圏は変わらず、小麦は7ドル台に浮上している。米農務省によれば、10月17日時点で主要生産18州の収穫は順調で、今年の米国の穀物生産量は、トウモロコシ、大豆が過去最高を更新する見通しだ。

 こうした生産量増大にもかかわらず、市場では「ハーベスト・プレッシャー」(収穫期の売り圧力)が見られない。これは2012~13年にかけて、穀物価格が史上最高値を付け、農家の純収入が過去最高を記録した際に、農家がこぞってサイロの拡張を行って貯蔵能力を拡大していたので、収穫時に安値で売り急ぐ必要がなくなったからだ。

残り106文字(全文427文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事