教養・歴史書評

敷居の高い禅の言葉も、「スヌーピー」と一緒なら理解できる!=孫崎享

    漫画『ピーナッツ』と禅語 絶妙の組み合わせに学ぶ=孫崎享

    ×月×日

     私は毎朝ツイッターを発信しているが、時に米国漫画も参照サイトをツイートする。ピュリツァー賞は米国の報道分野で最も権威ある賞であるが、この中に時事漫画部門がある。優れた漫画は長文の論文よりインパクトがある。私は時に日常の漫画も参照サイトを載せる。その時、圧倒的に多いのは『ピーナッツ』である。

     漫画『ピーナッツ』は犬のスヌーピー、その飼い主チャーリー・ブラウンなど、さまざまなキャラクターが登場する。作者チャールズ・シュルツの妻に言わせれば、おのおのが作者の分身みたいなところがあり、根本的には登場するキャラクターへの温かいまなざしがある。

    残り1083文字(全文1385文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事