教養・歴史書評

議論百出の「ローマ帝国滅亡」にあらたな視点を提出=本村凌二

    歴史書の棚 シルクロードの視点から ローマ帝国の興亡を読む=本村凌二

     ギリシャ連合軍によるトロイア崩壊、アレクサンドロス大王によるペルセポリス炎上、ローマ軍によるカルタゴ壊滅、オスマン・トルコ軍によるコンスタンティノープル崩壊など、史上に名高い王国や帝国の終末がある。それに比べ、ローマ帝国の滅亡は派手なところがまったくない。

     それは、おそらく数百年にわたる歴史の変動のなかでの出来事だった。そのせいか、かえって、古来、「ローマ帝国はなぜ滅びたのか」が繰り返し問われてきた。ある学者の推測では、210種ものローマ帝国滅亡論があるという。出来事よりも議論の方が華々しいのかもしれない。

    残り633文字(全文924文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事