テクノロジーAI図解 日本の未来

3カ月先の指標を予測 自動車販売台数は年内も低迷続く、建設工事民間受注高は昨年と同水準で推移=ゼノデータ・ラボ

    第43回 自動車販売台数/建設工事民間受注高=ゼノデータ・ラボ

    自動車販売台数 年内の回復は見通せず

     日本自動車販売協会連合会(自販連)が毎月上旬に発表している、国内の「自動車販売台数」(乗用車+軽自動車)の9月の実績値は25万6963台と8月から約3%下回った。例年、お盆休みを挟む8月に対し、9月の実績値は10万台以上増加する傾向にあるが、今年は半導体不足により異例の減少傾向となった。コロナ禍前の2019年9月と比べても6割に満たず、記録的な低水準にある。

     半導体不足の長期化や、東南アジアのコロナ禍による部品供給の遅れが深刻化しており、生産の停滞による販売への影響が顕在化している。ゼノインデックスの分析では、この減少傾向は今後も継続し、年内には回復しないと予測。12月値の予測も23万5721台と、例年より低い値で推移する。

    残り412文字(全文778文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事