週刊エコノミスト Online編集後記

白鳥達哉/中園敦二

    編集部から

     知り合いの声優にコロナ禍による業界への影響が出ているかを聞いてみた。以前はスタジオに行って3~4時間ほどかけて声の収録をしていたが、最近は自宅に収録できる場所を作り、オンラインでデータをやり取りする形に変わっているそうだ。収録にかかる時間も1~2時間に短縮されている。

     これだけ聞くと素晴らしい話に思えるかもしれないが、問題もある。収録が効率化されたことで、時間の確保が厳しかった人気声優に出演依頼が殺到し、その分、2番手以降の声優の仕事が減ってきているのだという。

     また、この世界に入ってきたばかりの新人声優もスタジオにベテランの声優がいないことで、「芸を盗む」機会がなくなっているようだ。新人の多くは名前も出ることがなく消えていく世界だとは聞いているが、今後はさらに生き残るのが厳しい時代になるのかもしれない。

    残り1012文字(全文1375文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事