週刊エコノミスト Online編集後記

桑子かつ代/市川明代

    編集部から

    「終(つい)の住み家」「実家のたたみ方」。ここ数年、家にまつわる話題はしょんぼりする雰囲気だった。さらにコロナ禍が追い打ちをかけた。不動産会社の知り合いからは失業した人がローン返済の見通しが立たなくなり自宅を売却する話を聞く。日本の平均給与は下落が続く。日本全体が厳しいのだから、自分も慎ましく日々暮らしていこう、と思っていた。

     そんな矢先、友人の女性が都内でマンションを購入したと聞き、軽い電気ショックを受けたような気分になった。数年前に夫と離婚し、近隣県で2人の子供と一軒家で暮らしていた。子供が社会人になり家から離れ、自分も薬剤師としての仕事に自信がついてきたことで、都内で新しい生活に踏み切った。50代後半で住宅ローンを組み、自分が働いて返済する。友人が私の肩をポンとたたいてさっそうと駆け抜けていった気がした。

    残り822文字(全文1187文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事