経済・企業深層真相

関西スーパー統合賛成は”よそ者”排除の論理

関西スーパー統合賛成 “よそ者”排除の論理

 首都圏地盤のスーパー、オーケーが、関西地盤の関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの統合差し止めを求めた仮処分申請について、神戸地裁が11月22日、差し止めを認める決定をした。統合の是非や株式争奪戦ばかりが注目されるが、問題の本質は関西流通業界が“よそ者”のオーケーを排除しようとしていることにある。

 オーケーは競合店より安く商品を販売するディスカウントスーパー「オーケーストア」を展開し、出店ペースを加速させる。ただ、関西スーパー株主には地場の取引先も多く、高値の株式公開買い付け(TOB)価格を提示したオーケーを抑え、H2Oが関西スーパー株主の賛同を集められたのは、関西流通業界にとって寡占化が進む方が好都合という事情がある。

残り212文字(全文567文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事