国際・政治深層真相

無意味な国家備蓄放出 売り先は石油元売りか

 政府は米バイデン政権の要請に応じ、国家石油備蓄の一部を市場放出することを決めた。日本の国内消費量の1~2日分程度と微々たる量で、売却時期も「年内に売却量などを確定させる」(萩生田光一経済産業相)とのんびりしている。このため原油市場にほとんど影響を与えないとされる。

 通常、備蓄原油の売却は入札で行われ、石油元売り会社と総合商社が参加するケースがほとんど。国費で購入した原油なので、入札には安全保障上、北朝鮮などに輸出されないよう…

残り324文字(全文539文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月10・17日合併号

EV戦争202314 BYD、実質253万円の黒船EV 圧倒的な低価格で日本に照準■稲留正英17 トヨタのEV戦争 ソフトと製造の競争力確立が急務■中西孝樹23 中国で日本車苦戦 大衆車市場でシェア落とす■湯進26 急成長テスラ サイバートラックは予約200万件 ■土方 細秩子28 日本車への警鐘  [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事