週刊エコノミスト Online編集後記

神崎修一/稲留正英

    編集部から

     今号の「情熱人」(46~49ページ)で貨物列車を舞台にしたミステリー小説『シークレット・エクスプレス』を刊行した作家の真保裕一さんのインタビューを担当した。率直に感じたのは、真保さんの取材の緻密さだ。

     運行ルートを実際に訪れたというだけに沿線の描写は細かい。武蔵野貨物線という「知る人ぞ知る」路線も登場する。真保さんは「ただ面白い物語を書きたいだけ」と話し、取材の苦労を感じさせない。運転士がわずかな揺れの違いから積み荷の謎に迫るシーンもあり、物語は臨場感にあふれる。

     私も記事の参考になればと、貨物列車が多く走る新鶴見信号場(川崎市)周辺を歩いてみた。行き先表示や案内もなく、淡々と走る貨物列車は地味だ。しかし小説を読んだ後は、どこかで親しみも覚えるようになった。プロの仕事の面白さを伝える技術の中にもプロの技が光ると感じた。

    残り817文字(全文1187文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事