経済・企業AI図解 日本の未来

3カ月先の指標を予測 工作機械受注額・新設住宅着工戸数は年明けも前年同期比で好調に推移=ゼノデータ・ラボ

    第47回 工作機械受注額/新設住宅着工戸数=ゼノデータ・ラボ

    工作機械受注額 米中回復で前年上回る

     AI「ゼノインデックス」が予測する工作機械受注額(日本工作機械工業会が毎月10日前後に発表)は、10月をピークに減少に転じるものの、少なくとも来年2月までは前年同月比を上回って好調に推移する。

     10月の受注実績は前年同月比81・5%増の1492億1800万円と、12カ月連続で前年実績を上回った。半導体製造装置関連メーカーで増産傾向があり、工作機械への投資を後押しした。ものづくり補助金などの交付も要因となった。

     今後は、緊急事態宣言の解除や地域間移動の緩和、米国・中国向けの需要増により、さらなる回復が見込まれる。また、部品や部材の逼迫(ひっぱく)状況は解消されておらず、機械の納期遅延を懸念した先行発注も増えると予測する。

    残り336文字(全文698文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事