【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治深層真相

「安易な合意に入るわけがない」日本が脱炭素の輪に距離置く理由は

「安易な合意に入らない」 脱炭素に距離置く日本

 11月13日に閉幕した国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)では、議長国の英国を中心に40カ国超が石炭火力発電を段階的に全廃し、20カ国超が新車販売を電気自動車(EV)など二酸化炭素(CO2)を排出しない「ゼロエミッション車」へ移行することを表明した。しかし、日本はこの合意の輪に加わらなかった。

 日本は2011年の東京電力福島第1原発事故以降、火力発電への依存度が高まり、石炭抜きでは電力の供給不足に陥る事情がある。また、日本の自動車産業は過去20年間で自動車のCO2排出量を20%以上削減したが、普及している電動車の9割以上はハイブリッド車(HV)だ。政府は35年までに乗用車の新車販売すべてを「電動車」にする目標を掲げているが、それにはHVも含まれている。

残り181文字(全文544文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事