週刊エコノミスト Online株式市場が注目!海外企業

米イーライリリーの売上高は過去最高。幅広い医薬品に加えてコロナ治療薬も貢献=小田切尚登

イーライリリーの糖尿病治療薬 Bloomberg
イーライリリーの糖尿病治療薬 Bloomberg

イーライリリー コロナ治療薬で過去最高の売上高=小田切尚登/10

 ◆Eli Lilly

 イーライリリーは世界的な米国医薬品メーカーである。1876年に南北戦争の退役軍人で製薬化学者だったイーライ・リリー大佐が創業した。同社は長い歴史の中で世界で最初に製造・大量販売した薬は多く、代表的なものにはポリオ・ワクチンやペニシリン、インスリンなどがある。また、錠剤をカプセルに入れたり、甘味やフルーツのフレーバーを付けて飲みやすくしたのも同社が最初である。

 世界の大手医薬品メーカーの中でも研究開発を重視している企業として知られており、2020年には売上高の約25%に当たる60億ドルを研究開発費に充てている。世界の大手医薬品メーカーでは研究開発費に投資する割合が10%台なのが一般的である中で、同社の研究重視の姿勢が光る。

糖尿病治療薬が主力

 業務の柱となっているのは糖尿病、腫瘍学、免疫学、神経科学の分野である。糖尿病関係は20年の同社売上高で48%と全体の半分近くを占めている。もともとイーライリリーはインスリンを世界で最初に実用化した会社であり、伝統的に糖尿病に強みを持っている。

 トルリシティ(2型糖尿病の治療薬)はここ数年来同社最大の売上高を誇っており、全社の21%を占めている。それに次ぐのがインスリンリスプロ製剤であるヒューマログ(売上高の11%)、ヒューマリン(インスリンヒト「遺伝子組み換え」注射液)(同5%)、ジャディアンス(尿中の糖排せつを増加させて血糖値を低下させる薬)(同5%)である。

 がんを含む腫瘍学は売上高の21・7%を占める。中でも葉酸阻害型抗がん剤のアリムタ(売上高の9・5%)が最大だ。これは日本国内では悪性中皮腫に適応する。免疫関係では乾癬(かんせん)治療薬のトルツ(イキセキズマブ「遺伝子組み換え」キット)が売上高の7・3%を占める。トルツは皮膚症状や関節炎などを改…

残り1459文字(全文2259文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事