教養・歴史書評

身心を壊すアイドル続出! 芸能界の環境改善に向け問題提起=荻上チキ

    身心を壊すアイドル続出! 現場から幅広い問題提起=荻上チキ

    ×月×日

    『アイドル保健体育』(竹中夏海著、シーディージャーナル、1650円)が、とてもいい本だった。アイドル志望者や関係者らへの教科書であり、保健体育の目線からみたアイドル文化論、性規範の系譜学であり、ユニークなメディア論でもあった。

     本書では、月経や摂食障害など、アイドル労働の現場での対応が不足しがちな啓発テーマを取り上げている。著者の竹中氏は振付師の仕事をしており、現場でアイドルと関わっているだけでなく、アイドル文化へのリスペクトも惜しみない。そのうえで、アイドル文化の持続性を問い直すために、あるいはアイドル文化が「負の教材」にならないために、幅広い問題提起を行っている。

     現代のアイドルは、かつての時代以上に、健康に気遣う必要が高まっていることを、本書は説得力を持って提示する。例えば現在では、ダンスや振り付けでの運動量が増加しているほか、リリースイベントやライブ活動も過密になっている。一方で、「成長過程」を推してもらうことこそアイドルであるという価値観も合わさり、体力づくりやダンスなどの基礎トレーニングがなされないままデビューすることも多い。

    残り886文字(全文1395文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事