経済・企業深層真相

九州電力次期社長の本命 10人超抜きで西山氏か

 九州電力の池辺和弘社長(63)=写真=の後任として、上席執行役員の西山勝氏(58)が本命視されている。西山氏は現在、上席執行役員の末席のため、バトンを引き継げば、取締役、上席執行役員を10人以上飛び越える。経営戦略立案の責任者であり“池辺路線”を継承できるとして「トップとして最適任」との声が大きくなっている。

 西山氏は1986年に九電に入社し、経営戦略の策定に長く携わった。国際室長を経て、2021年6月からはコーポレート戦略部門長を務める。九電は30年度の連結経常利益を21年度比2・6倍の1500億円とする目標を掲げており、その半分は海外事業で稼ぐもくろみだ。九電幹部は「海外部門を率いた経験はトップへの布石」と指摘し、また人柄も冷静に物事を判断するタイプで社内での信頼も厚いという。

残り188文字(全文534文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事