【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online株式市場が注目!海外企業

増加するフリーな働き方。クラウドソーシング大手のアップワーク=清水憲人

世界で広がる在宅勤務 Bloomberg
世界で広がる在宅勤務 Bloomberg

アップワーク 増加するフリーな働き方/12

 ◆Upwork

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「密を避けるために出勤日や時間をずらす」「オフィスに出社せずに在宅で勤務する」「打ち合わせをウェブ会議で行う」など、多くの企業が勤務体系の見直しを行った。

 もちろん業種・職種によるばらつきはある。医療、介護、小売り、飲食、物流、交通、観光、建設、製造などの分野では現場に出向かなければ対応できない業務も多い。しかしオフィスワークについては、制度の見直しが進んだ。

 取り組み姿勢には温度差があるが、これを機にテレワークの本格導入に踏み切る会社もある。「週3日はオフィス、週2日は在宅」のようにハイブリッド型の働き方を提唱し始めた経営者もいる。

 労働者の生活スタイルにも変化の兆しが見える。テレワーク中心の職場の場合、オフィスの近くに住む必要性は低いため、大都市近郊から自然豊かな地方へと住居を移す人がいる。また出勤が不要となれば、特定の場所で仕事をする必然性もない。旅行をしながら短時間だけ仕事をする「ワ―ケーション」のような勤務スタイルも成立し得る。

 働き方が変わってくると、雇用という概念が曖昧になってくる可能性もある。働く場所や時間の制約がなくなっていくとするならば、特定の企業に所属するのではなく、自分の得意分野を生かしていろいろなプロジェクトに関わるという選択肢も出てくるからだ。

専門家フリーランス

 こうした潮流の中で今後注目が高まっていきそうなのが、企業とフリーランスをマッチングするクラウドソーシング。これは「群衆」を意味する「クラウド(crowd)」と「調達」を意味する「ソーシング(sourcing)」を組み合わせた造語で、インターネットを通じて不特定多数の人に業務委託することを意味している。アップワークはそうしたクラウドソーシング分野でトップを走っている米国企業である。

 前身は19…

残り1424文字(全文2224文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事