週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

東証マザーズは「炭鉱のカナリア」=市岡繁男

 1年以上も前になるが、筆者は本コラムで「東証マザーズ『バブル』の危うさ」を書いた(2020年9月15日号)。同指数を構成する新興企業群の連結損益合計はずっと赤字である。それなのにマザーズが世界の株価指数上昇率のトップになったのは、バブル以外の何物でもないと断じたのだった。

 昨年のマザーズ急騰は日銀の量的緩和政策が強化されたからで、当座預金残高の前年比増と株価の上昇が連動していることがその証左だ(図1)。逆も真なりで、同指数は今年4月の高値から2割…

残り339文字(全文565文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事