経済・企業ワールドウオッチ

1年間で5割増……ブラジルの国民的飲料「コーヒー」価格が爆騰中=美代賢志

    値上げの影響なのか、問屋街も今年は人通りが少ない 筆者撮影
    値上げの影響なのか、問屋街も今年は人通りが少ない 筆者撮影

    ブラジル コーヒー価格は1年で5割上昇=美代賢志

     世界的なインフレの波に、ブラジルも揺れている。国民的飲料ともいえるコーヒーまで、12カ月で10・74%を記録したインフレ率をはるかに上回って値上がり中だ。コーヒー工業協会によると、2020年の国内消費は前年比1・34%増で、国民1人当たりの消費量は平均で4・79キロ。感染拡大のあおりでバルなどの店舗数が20%以上も減少する一方、「宅飲み」が消費を支えてきた。だが、協会によると…

    残り322文字(全文536文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事