【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

オミクロン株の感染拡大が深刻化、海外からの旅行者キャンセル相次ぐ=平野光芳

ヨハネスブルク国際空港の出発ロビーでPCR検査を待つ人たち=2021年11月30日 筆者撮影
ヨハネスブルク国際空港の出発ロビーでPCR検査を待つ人たち=2021年11月30日 筆者撮影

南アフリカ 変異株で海外旅行キャンセル相次ぐ=平野光芳

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」が最初に確認された南アフリカで、外国からの旅行キャンセルが相次いでいる。変異株が報告された昨年11月下旬以降、各国が相次いで南アとの出入国制限を強化しているためで、コロナ禍からの復活を期していた旅行業界に大打撃となっている。

 観光は南アのGDP(国内総生産)の3%、雇用の4・5%を支える重要産業だ。特に12月は英国やドイツなど欧州各国からの観光客が多いかき入れ時なだけに、関係者のショックは大きい。

残り289文字(全文539文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事