経済・企業

EV用電池は中国が圧倒 世界シェア5割、トップ10に6社=湯進

福建省にあるCATLの本社工場 CATL提供
福建省にあるCATLの本社工場 CATL提供

電池は中国一強 世界シェア5割、トップ10に6社 25年の生産はグローバル需要の1.7倍=湯進

 中国の新エネルギー車(NEV)市場の成長は車載電池業界にも追い風だ。

 中国製電池の搭載量は2021年1~11月に128.3ギガワット時(GWh)に達した。これは世界全体の電動車、すなわち電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)が搭載する電池の約半分を占めている。中国国内の需要増が地場メーカーを世界トップに押し上げた。CATL、BYDなど中国系6社が21年1~10月の車載電池搭載量世界トップ10にランクインした。

 世界首位のCATLは、鉱山資源の確保、原材料の調達、素材開発、製造、リサイクルを一貫して行っており、コストダウンを図っている。また電池の大容量および電池パックのコストダウンを実現する技術「CTP」(Cell to Pack)を開発し、生産効率は従来比50%アップを実現した。21年7月には、急速充放電の特徴を持つナトリウムイオン電池(NIB)の商用化を開始すると発表した。NIBは製造コストでリチウムイオン電池の60~70%というメリットに加え、マイナス40度の極寒環境でも動作できるという。

川上から川下まで網羅する強み

 中国企業が川上の希少金属から川下の電池パックの生産まで注力することにより、現地で電池産業のサプライチェーンが形成されると同時に、低コストで部品・部材の調達ができるよ…

残り838文字(全文1438文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事