投資・運用THE MARKET

今週のポイント 12月の貿易統計(1月20日) 自動車輸出の動向が焦点に=上野剛志

 1月20日に財務省が2021年12月の貿易統計(速報)を公表する。

 日本の輸出額の伸びは昨夏以降、20年における急減の反動一巡に加え、半導体などの供給制約の深刻化によって主力の自動車輸出が大きく落ち込んだことなどから鈍化が鮮明となっていた。しかし、昨年11月(確報)には供給制約の緩和を受けて自動車輸出が前年比4.1%増と3カ月ぶりにプラスに転じたことなどから、全体でも前年同月比20.5%増と6カ月ぶりに伸びを拡大している。

 ただし、自動車の輸出台数で見ると、米国向け(同22.8%減)や中国向け(同34%減)を中心に全体で前年を割り込んでおり、いまだ回復途上にある。12月も大手自動車メーカーにおいて一部工場の稼働が停止されており、供給制約の解消には至っていないものの、自動車輸出がさらに持ち直し、日本の輸出回復を後押しできるかが注目される。

残り252文字(全文626文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事