経済・企業深層真相

トヨタの「アリーン外販」で進む自動車メーカーの“ソフトウエア企業化”

    トヨタ「アリーン外販」で進む“ソフトウエア企業化”

     年明け早々、トヨタ自動車が車載用の基盤ソフトウエア「アリーン」を2025年までに実用化し、外販すると報じられた。同社は20年に「ソフトウエアファースト」を宣言しており、その方針に向けて一歩踏み出したともいえる。

     電気自動車(EV)や自動運転などを全て実現するには、既存のECU(エンジンコントロールユニット)の構造を刷新し、アリーンのような車載基盤ソフトが、車体ハードとアプリケーションを統合的に制御するようにする必要がある。トヨタがアリーンを外販するとすれば、マイクロソフトやアップルのような立ち位置になることを意味する。

     アリーンの外販先はトヨ…

    残り188文字(全文488文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事