国際・政治ワールドウオッチ

酒類の持ち帰りOKなるか? コロナ禍の特例の法令化議論=津山恵子

バーなどは酒類のテークアウトの法制化を求めている Bloomberg
バーなどは酒類のテークアウトの法制化を求めている Bloomberg

ニューヨーク 酒類の持ち帰りOKなるか=津山恵子

 ニューヨーク州のホークル知事は政策方針を示す年始の議会で、州内のレストランやバーからアルコール飲料をテークアウトできるようにする法令の制定を訴えた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮し、2020年から21年春までは特例で認められていた。法令化されれば、コロナ禍の特例が恒常化することになる。

 法令化の動きはこれまでもあったが、州議会が反対したため、現在はテークアウトができなくなっている。同州では公序良俗やアルコール中毒者への影響などを理由に公共の場での飲酒が禁じられており、アルコールの持ち帰りを認めると、公共空間での飲酒を促す可能性があるというのが反対派の主な理由だ。

残り201文字(全文515文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事