週刊エコノミスト Online闘論席

時代遅れになった事実を尊重する態度=池谷裕二

    撮影 猪飼健史
    撮影 猪飼健史

    池谷裕二の闘論席

     人は感情で動く。私は科学に従事する者として真実を重んじたいが、実社会では科学的真実は社会的真実にしばしば勝てない。科学的に正しくても、世間が生理的に受けつけなければ、社会からは拒絶される。データや事実よりも「感覚的にどう思うか」が重要なのだ。ワクチンが怖いと思えば、頭では有効性を理解していても、接種をためらうはずだ。「理性的であれ」と思いながらも、生身の「私」は感情を無視することは難しい。

     真実よりも感情に重きを置く風潮は近年とくに強まっている。この流れは「ポスト真実」と呼ばれる。米国の作家スティーブ・テシックが導入した言葉で、彼は「事実を尊重する態度は時代遅れだ」と指摘した。

    残り524文字(全文825文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事