週刊エコノミスト OnlineゼロコストでPR SNS活用術

欠点も失敗もストーリーで見せる/8=笹木郁乃

     今回は前回まで説明してきた商品やサービスの魅力を伝えるPR設計の活用方法を見ていこう。

     まずチェックしてほしいのが、自社のウェブサイト。その中にある代表や会社紹介の文章だ。プロフィールはサイトの訪問者に必ず見られ、自分にとって価値がある人(商品・サービス提供者)かどうかを判断する場所となるので、「この人はすごい、というインパクト+何をやっている人かが分かる」ように構成するのが重要である。

     また、プロフィールの目的は短い時間で安心感を与えて、さらにその人のことを知ってもらうこと。従ってPR設計の6ステップ(本連載05〜07)のうち、ステップ2(選ばれる理由)とステップ4(実績)を必ず入れてほしい。この二つで、「この会社の人は安心」「実績があり、信頼できる」と、伝えられる。

     これから発信していくSNS(交流サイト)にも、PR設計を掲載していく必要がある。ユーザーにSNSのアカウントをフォローしてもらいたくても、プロフィールが怪しい、説明不足で信頼性に欠けるために「やめておこう」と思われては意味がない。

    「まだ誰にも知られていない無名の存在」と思うくらいがちょうどいい。そのような立場に立って、プロフィール欄は信頼感を感じてもらえるように作り込もう。

     メディアへの露出の面でも、プロフィールの作り込みは重要だ。メディアが取材を検討する際、プレスリリースのチェックが1次試験だとすれば、2次試験がウェブサイトやSNSのチェックになる。

     PR設計が抜けている「ザルの状態」では、プレスリリースをいくら送っても埋もれてしまう。逆にPR設計を反映すれば、しっかりと情報が網羅された穴のない状態になる。

    残り699文字(全文1399文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事