経済・企業ゼロコストでPR SNS活用術

AISASの流れを作る重要性=笹木郁乃

    AISASの流れを作る=笹木郁乃/9

     「広告」と「SNS(交流サイト)によるPR」の根本的な違いは何か。それは目的の違いにある。

     「広告」は、多くの消費者に広く知ってもらうことが目的であるのに対し、「SNSによるPR」はフォロワーにとって共感性の高い情報を投稿し、濃いファンを増やすことが目的だ。SNSによるPRは地道な作業が多いうえ、すぐに結果が出るものではない。それでも使うメリットは、100人の熱心なファンを育て、その口コミによって1000人、1万人と「共感の渦」を作っていくことにある。「ファンを育てる」という意識が、PRでは非常に大切だ。

     そのためSNS運用のゴールとは、フォロワー数の獲得ではなく「好意的な反応があるアカウントを育てる」ことになる。つまり、フォロワー数が1000人でも、その中から多くの人が自社のSNSアカウントを、「いいね、口コミ、シェア、ホームページ(HP)クリック、購入」をしたくなる、もしくはイベント開催時に確実に50人、100人に参加してもらい、ビジネスにつながる。

     かつて消費者の購買行動は「AIDMA」という、何回も見聞きするうちに購買行動を促す、記憶型マーケティングと理論づけられていた。これは、「Attention(注目)」「Interest(興味)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(購入)」の頭文字を取ったものである。

    検索につながる役割

     例えばエアウィーヴの場合、顧客はテレビや雑誌でエアウィーヴを知り(注目)、次に「浅田真央さんも使っているんだ、高反発なんだ、良さそうだな」と興味を持った。そして、「何回も見ているうち…

    残り679文字(全文1379文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事