週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

これから史上最大の資産バブルがやって来る?!=長嶋修

再びバブルとなるのか・・・・・・ Bloomberg
再びバブルとなるのか・・・・・・ Bloomberg

 2022年以降の世界の不動産市場を大胆に予測してみたい。

 これから1990年をはるかに超える、史上最大の「買いが買いを呼ぶ資産のインフレスパイラル」ともいうべき「資産バブル」が発生する可能性がある。日経平均株価は4万円をはるかに超え、不動産をはじめとするあらゆる資産価格がさらに上昇する。これは数年間続き、ある日突然、終焉(しゅうえん)を迎えるが、この時、首尾よく次の金融システムに移行して、成長の速度を少しずつ低下させるソフトランディングができるのか、戦後のような混沌(こんとん)を迎え下降や減速が激しいハードランディングとなるのかは分からない。

 このようなシナリオが成立しない場合でも、歴史的な社会・経済システム転換は避けられない。ところが、日本は政官財ともに劣化して身動きが取れないため、主体的な変革を起こすことはできず、嵐の中を漂うといったグダグダとした時間が一定程度過ぎ、ある日、リセットボタンが押される。

残り982文字(全文1391文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事