国際・政治ワールドウオッチ

国を挙げて「脱肥満」に取り組むメキシコの本気度=松本杏奈

メキシコシティ―の大通りは毎週末、自転車で運動する人たちであふれる 筆者撮影
メキシコシティ―の大通りは毎週末、自転車で運動する人たちであふれる 筆者撮影

メキシコ 国を挙げて「脱肥満」に躍起=松本杏奈

 メキシコで新型コロナウイルスの影響からか、減量への関心が高まっている。肥満はメキシコ人にとって長年の課題だ。国立統計地理情報院などが2018年に実施した調査によれば、世界保健機関(WHO)が定めるBMI(肥満度指数)を基準とすると、国内で肥満または過体重に分類される成人の割合は75・2%に達する。

 肥満は糖尿病や高血圧症につながり、新型コロナ重症化の原因となるため、政府も対策に力を入れている。20年10月には食品の情報表示規格を厳格化し、国内で販売されるほとんどの菓子類、加工食品類には、糖分過多、カロリー過多などの警告が、少々過剰とも思えるほど大きく表示されるようになった。また、社会保険庁は、公立病院で提供する「減量プログラム」のPRを強化し、ワクチン接種と並行して運動を取り入れた減量を呼…

残り181文字(全文554文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事