教養・歴史書評

生命とは? 地球外にいる可能性は? 命の不思議を問うサイエンス=高部知子

生命体ってなに? 本当に地球にしかいない?

×月×日

 私は子供の頃から「妄想好き」で、特につらいことがあった時など、夜空を見上げいつまでも妄想にふけっていたことを思い出す。で、何を妄想していたかというと、小さく輝く星にも私と同じようにつらい想(おも)いを抱えた少女がいて、こっちを見上げている。私たちはお互い、同じように星を見上げているのだけど、その姿はあまりに小さくて絶対に目で見ることはできない。そう考えた時「そうかぁ。私は宇宙からは見えないほど小さいのか。ってことは、その私が抱えている悩みなんてどうでもいいくらい小さいなぁ」と感じることができて、なんだか少しホッとしていた。こんな経験からか私は「生命体が地球に存在する以上、宇宙にも絶対に生命体はいる!」と信じているところがある。だが、それが既に学問としてあるなんて、がぜん興味を惹(ひ)かれ読んでみた。

『地球外生命 アストロバイオロジーで探る生命の起源と未来』(小林憲正著、中公新書、990円)。

残り966文字(全文1393文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事