経済・企業THE MARKET

【ウクライナ侵攻】株価下落した日本の優良株は狙い目=三井郁男

東京市場 ストラテジストが読む 株価調整後の優良株に狙い=三井郁男

 ロシアによるウクライナ侵攻の影響は長期化必至だ。資源価格の高騰に米欧諸国による経済制裁が加わり、世界経済減速への警戒が強まっている。株式市場は神経質な展開が続きそうだ。

 平時であれば、大幅な株価の調整後に買いが入ることで変動率が低下することが多い。日経平均株価2万5000円レベルの予想株価収益率(PER)は12倍近くまで低下し、通常なら悪材料の出尽くしを見越した資金が向かい始める水準である。ただ、ウクライナ侵攻の影響をまだ織り込めない状況だ。

 新型コロナウイルス禍に伴う供給網の回復が遅れる中で戦争が始まり、エネルギーや穀物の需給が一段と逼迫(ひっぱく)し、インフレがさらに高進するリスクが高まっている。

残り544文字(全文882文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事