国際・政治ワールドウオッチ

シリコンバレーで「希少疾患の日」にイベント続々=二村晶子

シリコンバレーでは希少疾患の研究も盛んに取り組まれている Bloomberg
シリコンバレーでは希少疾患の研究も盛んに取り組まれている Bloomberg

シリコンバレー 希少疾患の日にイベント=二村晶子

 毎年2月の最終日は、世界各地で「希少疾患」(患者数の少ない疾患)に関するイベントや発表を行う「レア・ディジーズ・デー」(希少疾患の日=RDD)。希少疾患に関わる組織が数多く存在するシリコンバレーでも、RDDに合わせたイベントや発表会が、オンライン上などで数多く開催された。

 希少疾患は現在、約7000種類ほど確認されている。米食品医薬品局(FDA)によれば、米国内だけでも患者数は3000万人いるとされ、米国全人口の約1割に当たる。シリコンバレーのオークランド市に本部がある「カリフォルニア再生医療機構」(CIRM)はこの日、「IPEX症候群」という自己免疫疾患を研究するスタンフォード大学に対し、臨床試験の費用の一部(1200万ドル=約14億円)を支援すると表明した。

残り189文字(全文549文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事